お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

お年玉でお姉ちゃんを買ってみたは、おねしょた漫画で弟がお姉ちゃんとエッチしまくるエロ漫画です。

JK姉の素晴らしい女体がオカズにピッタリ!詳しく知りたい人はネタバレを見てみて下さい。

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた ネタバレ

お年玉でお姉ちゃんを買ってみたは5話までしか読めないので、読んだ後はさらにどうなるのか気になって仕方がありません。

あんまりストーリーが長すぎるエロ漫画は飽きますが、お年玉でお姉ちゃんを買ってみたはもう少し読みたいですね。

そこでまだムラムラが抑えられないので、次は密着ぴたズボッを読みました。

あらすじはこんな感じです。

『ナニ……硬くしてるのよ……お尻に当たってるぅ……』

着ぐるみの中で汗まみせになってしまう男女の2人組み。

密着してしまう着ぐるみの中ではお互いの身体をイヤというほど意識してしまう。

普段は男女を意識したことがないのに……こんな密着して汗で湿った状態だと興奮してしまう。

案の定、男は相手の女の子の身体で気持ちよくなろうとします。
仕事で着ぐるみで動かさなくちゃいけないのに……これでは集中できない。

そう思って男に止めてもらおうとしますが、相手の男がいう事を聞くはずもありません。
着ぐるみの状態ですっかり女の子のカオリや感触で興奮してしまっていたのです。
もちろん、着ぐるみの硬直状態で最後までエッチなことを楽しんじゃいます。

この作品にはほかにもエッチな密着作品がたくさん掲載されています。
巨大うなぎに身体を襲われてしまい、密着ヌルヌルの状態でエッチなことになってしまう人妻。

大混雑のプールで巨乳娘が水着を取られてしまい、男にたっぷりエッチなイタズラをされてしまったり……
エレベーターの故障によってきれいなお姉さんと閉じ込められてしまったウブな青年の物語。

ロッカーの中で抵抗できない女スパイをたっぷり犯しちゃったり……
『ピタズボッ』にはそんなエッチな作品が多数掲載されています。

エッチなことを抵抗しようとしても身体がいうことを聞いてくれません。
女の子もエッチなことには興味津々。

たっぷり密着エッチを楽しんじゃいました。

こんな感じのエロ漫画でした。

やっぱりお年玉でお姉ちゃんを買ってみたの方が面白いですね。

TSF物語~女になったオレはやられたい放題で…~

主人公のタクミは不治の病に犯され、医者から見離されていた。

そんな失意のタクミを救ったのは最先端の遺伝子治療。

遺伝子治療によって不治の病と言わせていた病魔はタクミの身体から消え去った。

しかし、同時に1つの問題を残していた。

それはタクミの身体を女にしてしまったという事。

自分から治療を受けたとはいえ女の子になってしまったタクミ。

しかし、見た目は美少女のタクミですから、心が男であるとか周りには関係ないです。

そんなタクミに迫る男の魔の手。

最初は人生で初めての痴漢にあってしまいます。

女の子になってしまったタクミは性感帯も開発され、普通の女の子よりエッチな身体になっています。
感じたくないのに感じてしまう……

そんなタクミの表情が魅力的に書かれています。

可愛い女の子になったタクミの身体を狙うのは痴漢だけではありません。

同じクラスメイトのモテない男の子からもエッチに触られてしまいます。

そんなエッチな体験を何度も受けてしまったタクミの身体はより欲求不満になってしまいます。

そしてとうとう見知らぬオジサンに身体を犯されてしまいます。

心は男なのに、身体は女の子。

こんなエッチなことで感じちゃいけないのに……遺伝子治療で性感帯を開発されてしまったタクミの身体は敏感になって男を求めてしまいます。

同級生から知らないおじさんまでタクミの身体を求める男は山のようにいます。

もちろん、全部の相手を中出しエッチで受け止めちゃいます。

もう、普通の男の子の生活に戻ることはできないでしょうね。

無人島エロサバイバルゲーム

現役JKの加奈子と美咲は夏休み前でとても浮かれていた。

理由は夏休み以外にもある。

彼女達が利用した人気アプリに応募した旅行券に当たってしまったのだ。

こんなにツイているなんてありえない。

彼女達はとても嬉しい気分になっていた。

そして、夏休みがやってきた。

彼女達は当然、当選した旅行券を使って指定されたリゾート地に連れてこられた。

リゾート地といっても南国の高級ホテルなどではない。

彼女達が来たのは、ほかに人がいない無人島。

どうやらここが当選した旅行ツアーの場所だった。

最初はこんなところで生活できるのか……

そんな不安もあったけれど、青い海に美しい自然がある無人島は普段の暮らしとは別の魅力を感じさせた。

戸惑うことがまったくないわけじゃなかったけれど、加奈子と美咲は無人島での暮らしを楽しむようになっていた。

無料ツアーも終盤に近づいたある日、彼女達の楽しくて幸せな時間をぶち壊す事件が起きてしまう。
それは島中に響き渡るアナウンスが知らせた内容だった。

その内容とは『エロサバイバルゲーム』

どうして自分達のいる島でこんな事が行われるのか。

突然の出来事に戸惑ってしまう加奈子と美咲だったが、待っている時間はなかった。

無人島であるはずの自分達がいる島に突然大勢の男の人がやって来たのだから。

エロサバイバルゲームに参加する気はないけれど、このままココにいたら間違いなくとんでもない目にあってしまう。

そう感じた加奈子と美咲は男たちから逃げるために、走り出した。

ここにエロサバイバルゲームが開始された。

掴まれば、どうなってしまうか分からない。

分かることは、徹底的に掴まった女性が犯されてしまう……それだけだった。

加奈子と美咲は男たちから逃げられるのか?

俺得!少子化対策―種付けできるのは日本でオレだけ!―

子供を作る力が弱まってしまった未来の世界。

原因は男性の側にあり、精子を作り出し力が弱まってしまった。

日本政府は危機感を持ち、18歳以上の男性に生殖能力の有無を検査するように義務付けた。

それにより、今まで見向きもされないような男がエッチだけで社会的地位を築けるようになったのだ。

主人公の拓殖大地もそんな生処理能力によって社会的地位を手に入れた男の1人。

彼は数少ない生殖能力を持った男性なのだ。

地味でお世辞にもカッコイイといえない拓殖大地は、近所に住んでいる美人OLに気持ち悪いと思われ、好きな女の子にも相手にされなかった。

拓殖大地はそんな生活を続けて、男としての尊厳を大きく損なっていた。

そんな拓殖大地に大きな転機が訪れた。

それは生殖能力チェックで陽性がついたことだ。

これにより、拓殖大地はブサメンであっても、女性を妊娠する力があると証明されたのだ。

拓殖大地の人生はこの検査によって大きく変わった。

男性としての尊厳を傷つけられた拓殖大地だったが、生処理能力を持った数少ない男性として女性に受け入れられるようになったのだ。

今まで自分をバカにしていたクラスメイトや道行く美人に声をかければエッチなことができる。

もちろん、相手を妊娠させることも可能。

拓殖大地に声をかけられた女性は断ることが許されない。

今まで自分をコケにしていた女達を、好きなタイミングで犯せるのは拓殖大地にとってこの上ない快感だった。

自分を見下し、バカにしていた女の子や気持ち悪がっていた美人OLが拓殖大地のペニスによってヨガり顔を見せる。

さらに彼女達は自分の子供を妊娠することになるのだ。

ブサメンだと気持ち悪がられていた拓殖大地にとって、これ以上の興奮はないだろう。